FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和55年代のバブル期,都会のホワイトカラーに憧れて、農村地帯から若い人達がどんどん都会に流れ込み、一気に農村部の若い人達がいなくなり、休耕田が増える要因に、i一方都市部ではより良い(仕事)を求め、求人誌を見ながら若者たちが企業を走り回る、彼らにとって良い仕事とは(給料が高い)(仕事が簡単)(通勤時間が楽)のコンセプトでの就活だから職務に対しての興味など殆ど感じられない。従って企業側も中々採用には至らない。   
 あの人達は今どうなっているだろう。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。