上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の学生1年生は中国、山海闢という万里の長城の起点..片田舎には相違ないのだが、昔は中、満の国境として重要な町の分岐点のようだった。70年以上前のことだが、なぜか部分的にであるが記憶に残っている。父が鉄道員だったのでその社宅に住んでいた、たしか、奥地へ向えば天下第壱関、旧満洲と中國の国境の城門、、海の方に向えば長城の起点が海に突き出ていtた。どちらも子供の足で1時間程の距離だった様に想う。山海関日本人国民学校の近くからだったと思うが長城の起点近くまでトロッコ馬車が領事館専用車として走っていた。領事のお嬢さんが通学用に乗っていたが何度か載せて貰った私たちあの頃の悪がき共にはシンデレラ姫に見えたほろ苦い想い出、真冬海が全面凍結し数人の友達とスケートをして遊んだ事がある。色々ななり立ての学生時代の想い出のなかに時の校歌、多分数年しか唄われなかった校歌だと思うが、 
歴史は古し長城の
あたりに知るき山海関
我が大君の御恵みに
集う我等に幸多し
     見よ校庭の忠魂碑
これぞ我等の鏡なる
○○○○
集う我等に幸多し


oyakotabi_61-300x224.jpgoyakotabi_51-300x225.jpg

上の写真は「地球はとっても丸い」第7回 万里の長城の先っちょって? – 河北省・秦皇島 からお借りしました。

70年のうすれゆく記憶を手繰り寄せてもここまで、僅か数年の校歌だとおもいますが、どなたか関りのあった方で思い出したら、投稿して下さい。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。