上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.27 限りある生命
生物には当然だが生命がある、植物とくに樹木に比べヒトの命は短い、500年1000年と人間に比べ、ど肝樹を抜く老木を何度か見たことがあるが鳥肌が立つような感動を覚えたことがある。
ヒトがあのくらい生きたらどんなだろう、物語に出てくるような仙人の姿が思い浮かぶ、魔術を使えればよいが現実にはありえない。私が透析治療をしている病院、見たところほとんど後期高齢者、しかも5,6割の方達が介添歩行か車椅子、自分も早晩ああなるのかなあ。それにしても家の近くにある桜100年近くになるはずだが、まだまだ見事な花を咲かせていたなあ。
齢をかさねる程、体が動きにくくなるが、生活不活発症候群など吹っ飛ばしてまだまだ頑張って生きよう。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。