上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつかはお世話になるだろうと二人で見学はしたことはあるのだが、わたしには異様な雰
囲気を感じさせる病院だった。
7月28日入院、H19年夏余命1年半を宣告されたが、セカンドオピニオンで癌研、さらに大
学病院と巡り6年あまり、宣告された余命よりもかなり延びはしたが、ついに妻の命の走りも
止まってしまうのかと胸がつまってしまった。世界中の科学者達が懸命に努力していても、
第4ステージを越した癌を征服することができないのか。
こうなっては運命にしたがって出来るだけ支えていくしかないと覚悟をきめた。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。