上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10.24 80年~(1)
9月末入院した、3日間の短期だったので、本なし勿論。パソコンもなしだったので柄にも無く80年の回想をしてみた、子供時代の戦争体験は中國、終戦と同時に父はソビエトに抑留、私たちは母とほうほうの体で南下、天津で米国の小さな上陸用舟艇に詰め込まれ、長崎県佐世保港へ、苦労してたどり着いたその時の美しい日本の国の光景は、今でも頭に焼き付いて離れない。
スポンサーサイト
秋探しの麓道で見つけた、茅葺屋根の集落,4,5軒だがもう廃墟になっているのかかなり荒れはてている。
その昔、どんな人達がどんな暮らしして居ただろうか、付近には電線も無く勿論家々に電気が引かれた様子もないが近年迄住人が居たという、さぞや昔ながらの暮らし、今の近代的な暮らしからは想像も出来ないものだろうと、想いを掻き立てる様な佇まいは、そのまま時が止まってしまった様にシン、としていた。
IMG_0424 (500x375)
IMG_0423 (500x375)
2014.10.20 秋!秋!秋!
毎年此の頃になると沿道の田んぼが気になる、黄色の稲穂がたれ下がっていると農業でもないのに何となくほっとする.稲穂が色ずきはじめると北国の秋はせわしなく瞬く間に寒くなる。稲も蕎麦もあっという間に実り、あっという間に刈られ
静かに雪を待つ。この時期は短い華やぎの時、間もなく雪の季節を迎える。この項の制作中に体調不良で入院、やむなく中断中に秋が行き過ぎてしまいました。何とも腹立たしい高齢だがこのまま公開。


IMG_0415 (500x375)

IMG_0418 (500x375)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。