上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長かった寒風から開放されて、万物の霊長揃って深呼吸、東北の寒気が長いだけに花期は凄い梅、桜、つつじ、藤、等々が次々に咲く先日、春風に誘われてちょと早いかなと思ったがこの地方の、花見人気コースをドライブしてみた。我が郷土のスーパースター(ナマハゲ)君も延び延びと雄叫びを上げていた。
DSCN0012 (500x375)
スポンサーサイト
2015.04.14 80n年ー11
仕事はきつくないが、長時間労働には参ってしまった。それに、勉強する事がいけない事だと言う、つまり仕事は手で覚えるものだから勉強などしなくていい勉強する暇があったら仕事をしろが親方のポリシー。親方には腕一本でここまでやってきた自負とまだまだ技術だけで事業を拡大出来る自信があるのだろう、そこえやたら向学心に燃え立つている若者が弟子として現れて戸惑っている様だ。私としては分かっているが、目指している所が違っている。
2015.04.13 80年ー10
5月、6月になっても一向にこの忙しさが収まりそうにない。朝7時半始業夜10時半終了が毎日続く、11時やっと自由になった時はもう夜中、小さな電機スタンドの明かりを頼りに1時間程でもう限界、こんな日が暫く続いて悩んでしまった。対策を考えよう。所がこちらが対策をとる前に親方に叱られてしまった。「お前さんはここへ、仕事に来たのかい、それとも勉強しに来たのかい」親方は生粋の江戸っ子、歯切れいいだけに余計皮肉に、聞こえる。後で聞く所によると、親方は小学3年で学校をやめてこの道に入った人だと言う。成程、腕一本でここまで来た人勉強なんかしなくてもと言うことか。
2015.03.29 うべなるかな
先日何となくテレビを見ていたら、全国方言が残っているランキングで、わが郷里が、晴れがましくも?第3位、成程みように納得、ごく最近の事、透析治療の身の日課の一つに、左手の血流音を聞く仕事がある、或朝、目の前の古参看護婦に「お早う」と挨拶するといきなり「オトコキタカ」咄嗟で意味が分からず「えっ」と、またも「オトコキタカ」すぐに「誰のことですか」と聞きかえすと近くにいた看護婦さん達が笑い出して通訳「音を聞いたか、と言ってるんですよ」と言う、俄に飲み込めずにいると「音っこ、聴いたか」と言っているんですよという。あまりに違い過ぎる聞き取りに妙に納得、我ながらあきれ古参看護婦に気遣いして笑いを飲み込んだ。
   気を取り直して次の人どうぞと部屋に入れる、呼ばれて男は名前を名乗って履歴書を折った侭差し出した、受け取って広げると中からメモが出てきた、彼は慌ててあっすみませんと手を伸ばしたので彼にメモ渡す僅かな間に見ると、彼の今日の就職活動は1 00そば屋2 00書店3  当社4 修理工場とメモってある、履歴書を見ながら皮肉を込めて「今日は忙しそうだね」と言うとてれもせず「あっ、はい」[これは、どしてこういう順番になるの?」「はい、駅に近い順です」うーん、彼の顔を見ながら呆れてしまった。これからやる自分の仕事の事などどうでも良いらしいとてもこんな人は採用出来ない。  まだまだ続く人手不足を改めて覚悟する。  あの人達はー今どうなっているだろう。


  
春の遅い北国でも3月になると、外に出た途端に春の香りがふっと頬を通り越していく、hana2.jpg
この風の匂いに触れると北国の人達は何となくヨシッとなる。農業県のせいだけではない、
私は農業とは全く関係ないのだから。
春はイイ、何となく力が漲ってくる。




2015.03.09 80年ー9
何度か退職を申しでて見るが、その都度身内えの温情を絡めた説得に会い翻意、ならばと意を決して通信教育の受講をする事にした。早速申込、送られてきた教科書の多さに驚き、どう取り組むか考え込んでしまった。生活が親方の家族と同じだから仕事を休んで勉強等到底出来ない。苦肉の策として屋根から吊り下げる机を作って僅かな時間でも勉強することにして普段は上に上げておくことにした。   これであとは時間をどう作るか。
今日は早くから3人の面接、午前中に終わりそう、「最初に来た人からどうぞ」と声をかけても入って来ないので覗いて見ると3人で譲り合っている、あーあ今日もだめかと失望しながらも一番近くの人に部屋え入りなさいと声を掛けてやるとやっと動いた、お願いしますと言って名乗り履歴書を差し出した、見て驚いたのは関西の著名な大学経済学部卒然も、1年半で職歴が6社、「募集要項にもありますが工員の募集なので大卒はいりません」「だめですか」「無理でしょうね1年半で6社む職が変わるような方ではとても続かないでしょう」」わかりました」あっさり引き上げようとしtふぃるので「君、何かやりたい事があるのか」と聞くと「いや別に」と如何にも煩いと言わんばかり。    あの人は今頃どうなっているだろう。
2015.02.23 80年ー8
身の回り品だけ持って来ると、じゃあ此処だよと、与えられた部屋は梯子で屋根裏部屋へ、到底歩くことも出来ないのであとは四つん這い。呆然と、暫く座り込んでしまった。与えられたこの環境の中で望みが果せるだろうか不安になった、
案の定不安は的中、特に2,3,4、月くらいと言うが朝7時半から夜10時半まで、その上追込みと称して深夜12時、1時迄その上徹夜作業、兎に角親方が終わりにしよう、と言うまで全員もくもくと働くこれでは夜学など到底不可能とあきらめる。
昭和55年代のバブル期,都会のホワイトカラーに憧れて、農村地帯から若い人達がどんどん都会に流れ込み、一気に農村部の若い人達がいなくなり、休耕田が増える要因に、i一方都市部ではより良い(仕事)を求め、求人誌を見ながら若者たちが企業を走り回る、彼らにとって良い仕事とは(給料が高い)(仕事が簡単)(通勤時間が楽)のコンセプトでの就活だから職務に対しての興味など殆ど感じられない。従って企業側も中々採用には至らない。   
 あの人達は今どうなっているだろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。